« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月21日

ちゃまの兄弟を考える

050821.jpgグミが亡くなって4年半・・・
バトンタッチするようにスーが生まれ、たっくんが生まれ、年子育児に息切れしている日々ですが、ちゃまは猫1にゃんながら2人の子供達を温かく&冷ややかに見守ってくれていて、時には遊び相手となり、時には母に加勢して子供達を叱り、すっかりいいお兄さんしてくれています。
でも子供が生まれる前のように構ってあげることはできず、運動不足で厳しいダイエット生活(涙)。。。 グミがいてくれたらなぁと想いを馳せます。ちゃま的には今の生活にも不満はないのかもしれませんが、グミと一緒にいた頃のことを考えると、猫同士で舐めあったりじゃれ合ったりで、やっぱり猫は2匹がいいなぁと思います。だから、捨てられていたちゃまを保護したときのように、運命的に猫ちゃんが来れば受け入れるつもりでいます。
そんな折、実家の最寄駅前で、ボランティアの方達が里親探しをしている前を通ってしまいました(>_<) 狭いケージに入れられた5匹の子猫、生後5週間! グミを彷彿とさせるようなアメショ似の仔もいて、離れられなくなってしまいました。ボランティアの方の話によると、生後2日位で5匹まとめて捨てられていて臍の尾もぐちょぐちょだったとのこと。警察に届けられて連絡があって保護されたそうです。ちゃまが目もちゃんと開かないうちに捨てられていて、ノミやタール(?)まみれだったことを思い出してしまいました。思わずその場で里親に名乗りを上げそうになりましたが、この先長いニャン生やちゃまとのこと、子供達とのことを考えて、ひとまず立候補用の書類だけもらって帰りました。
そして帰宅後、そんな出来事があったとは夢にも思わないちゃま(笑)、、、でろ~んと伸び切ったお出迎え、子供達が寝た後は母独占タイムで殿様状態。。。年子育児が日々綱渡りのうちはまだ無理かな・・・と熱を冷ましました。あの仔たちがそれぞれみんな幸せになれますよう、心から祈っています。

2005年08月03日

ドドンガドン

050803.JPG去年、駅前の駐車場の盆踊りに初参加して以来、登降園で毎日駐車場の脇を通る度に「ドドンガドン(盆踊り)いつ?」と聞かれ続け「暑くなってセミがミンミン鳴いて、もうすぐ秋ですよーってなったらね」となだめ続けてきた1年間。。。やっと「今日ドドンガドンやるよ!」と言える日が来ました☆(笑)長かったー。
去年はツンツルテン&お下がりの甚平だったのですが、今年は浴衣&新品甚平を以前から試着させて「ドドンガドンのお着物ね!」と盛り上げていたせいもあって、それはそれは大喜び&大興奮!
去年は尻込みして踊らなかったのですが、今年はスーだけはウチワ片手に踊りの輪に入り、見よう見真似で踊っていました。でも日頃保育園や体操教室でのダンスや体操と違い「進む」のに、止まったまま手だけ振り真似なのですぐに前の方との間隔が開いてしまい、「ホラッ進んだよ!」と声をかけては小走り・・・の繰り返しでした(苦笑)でも去年に比べれば大進歩です!☆
ドドンガドンを楽しみにしていた本当のお目当ては、屋台と20時に配られるお菓子(笑)かき氷をほおばり、綿飴を買って帰り、お菓子もゲットして大満足でした♪

綿飴を食べていたスー「わたあめってホコリみたいだね~♪」
母「・・・(絶句)。そ、そぉ?雲みたいじゃなぁ~い?」(冷汗)。。。