« 続・インフルエンザ | メイン | にゃんにゃんディスクUSB »

2006年03月07日

さよなら☆おじいちゃん

3月5日の明け方、私の母方祖父=スーとたっくんの曾祖父が亡くなりました。
享年97歳ですから、ものすごい長寿まっとうです。
いろいろ問題のあった祖父ですが、父方祖父母は遠方でほとんど会ったこともなく亡くなり、母方祖母は私の生前に亡くなっていますから、ただ一人の名実伴う「おじいちゃん」でした。
生きている間にスーとたっくんを会わせてはあげられなかったけど、「ひぃおじいちゃんのお別れ会」ということで、告別式に行きました。
親族だけの式で、子供はスーとたっくんだけ。純粋無垢で無邪気なだけに、複雑な親族のわだかまり中和剤として活躍(?)していました。初めてお骨を拾う経験もして、「死んじゃう」=「お星さまになる」ということが、どういうことなのかだんだんわかってきているようです。

コメントする